症例報告

慢性疾患

10代 男性 腰の痛み

<来院動機>

2週間前あたりから、腰部に痛みが現れ徐々に痛みが増強してきたため平成26年3月27日来院。
以前にも来院経験がある。

<初期症状>

前屈動作で痛みがあり、咳やくしゃみ、ジャンプなどの動作で誘発される。

<問診・検査>

原因としては、高校に入学してバレーボール部に所属、練習量、練習時間が増えたため筋肉の負担、疲労が激しく、回復する間もなく練習を繰り返すことで痛みが徐々に増してきたのではないかと伺える。施術前に痛みのある動作を確認。前屈動作で痛みがありプレーにも影響があるほど。背部から腰部にかけての筋緊張があり、下腿部前面の緊張も認めた。
年齢的に腰椎分離症、椎間板ヘルニアなど考えられるが、状態から筋筋膜性の痛みと考える。

<治療経過>

痛みの除去を目的として、即効性のある鍼治療を行った。
初めに下腿部の前面に鍼を行って一度動きを確認したところ、全く痛みがなくなったとのこと。同時に背部、腰部の緊張も緩んでいたので、施術終了。翌日、症状、動作の確認を行い、痛みは消失していたため、治療は終了とした。

<コメント>

練習量が増えることで筋疲労の蓄積が激しく、肉離れや最悪な場合、疲労骨折を起こす可能性も考えられます。練習後のアイシング、ストレッチ、入浴など、自宅でできるセルフケアを実践することで予防になります

ご予約・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ 0663821941

メールでのお問い合わせ

施術科目

  • 慢性疾患 肩こり・腰痛など
  • 女性疾患 生理痛・更年期障害など
  • 一般外傷(けが) 捻挫・打撲など
  • スポーツ外傷・障害 肉離れ・脱臼など
  • マタニティケア 産前産後の不調など
  • 交通事故 むち打ち・骨折など

症例報告

勉強会・セミナー

健康みらい教室

勉強会報告

Birth Keeper

院長の活動報告

一流からの学び 柳院長の交遊録やオフショットギャラリー

聖医への道 みらい鍼灸整骨院オフィシャルブログ

おすすめの本をご紹介 無料貸出を行っています。

その他

採用情報

リンク集

Facebook

メディア掲載

画像をクリックすると別ウィンドウでPDFファイルが開きます。

インタビュー

手技の達人