症例報告

慢性疾患

50代 男性 会社員 腰痛

<来院動機>

9月3日 朝にホテルでシャワーを浴びていて、片足を上げた瞬間に腰がガクッとなり激痛が現れた。職場の人に紹介され来院

<初期症状>

どの動作でも痛みが伴い、とにかく動かしたくない様子。

<問診・検査>

痛みが出たきっかけは上記で記したとおり、シャワーを浴びていてなった。他に話を聞いていると、お盆休みに趣味のバイクで北海道へツーリングに行った数日後に海外出張があり、約7時間(片道)かけて行った。体も大きいためエコノミーは辛かったとのこと。また、関東にお住まいで、大阪に通勤されており、週末に東京に帰るといった生活をされている。今回転勤の話もあり、かなりストレスを感じていることも、痛み出たきっかけになったのではないかと考える。足は両足むくみがあり、前日か摂取した様子。慢性的に下痢という事もあり体もかなり冷えていると思われる。
痛みが強いため検査はできず、とにかく痛みを和らげることとする。

<治療経過>

◆1回目
座位で上肢、下肢で遠隔治療を行う。下肢圧痛部位と上肢圧痛部位に置鍼し、腹式呼吸を行い、痛みの軽減と神経の興奮を抑える効果を狙う。
施術後、動作開始時の痛み歩行動作がスムーズに行えるくらいには軽減する(PS10→5~6)。まだ不安定な状態なので、コルセットを巻くことを勧め、巻いたところ、安心感はまし、怖さが軽減したため施術は終了。東京にこのあと戻り、その後の治療は向こうで受けるとのことでした。

◆2回目(9月9日)
前回の治療後東京には無事に帰れたとのこと。その翌日に行きつけの治療院に行き、手技治療と鍼治療を受けたが次の日の朝、激痛で起きることが出来ず、やっとのことで整形外科に受診しX-rayを撮影。L4/5の軟骨がすり減っていると言われ、その為周囲の筋肉が緊張を起こしていると言われ、注射をして痛みは軽減した
この日の調子はよくはないが、前回よりはましとのこと。腰臀部を中心に手技、ストレッチを行い、動作確認をしたところかなり軽快したとのこと。

<施術者担当コメント>

昔から、慢性的に腰痛があり、頻繁にぎっくり腰もおこしているので、まず、体をしっかり温めること、睡眠をとることを心がけて下さいを話しました。寝つきもあまりよくないとおっしゃっていたので(安定剤も時々服用)体が興奮状態にあること説明し、入浴方法や呼吸法、ストレッチなどを指導しました。治療後は随分良くなったまた来ます!と帰りに笑顔でお帰りになられたのが印象的でした。

ご予約・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ 0663821941

メールでのお問い合わせ

施術科目

  • 慢性疾患 肩こり・腰痛など
  • 女性疾患 生理痛・更年期障害など
  • 一般外傷(けが) 捻挫・打撲など
  • スポーツ外傷・障害 肉離れ・脱臼など
  • マタニティケア 産前産後の不調など
  • 交通事故 むち打ち・骨折など

症例報告

勉強会・セミナー

健康みらい教室

勉強会報告

Birth Keeper

院長の活動報告

一流からの学び 柳院長の交遊録やオフショットギャラリー

聖医への道 みらい鍼灸整骨院オフィシャルブログ

おすすめの本をご紹介 無料貸出を行っています。

その他

採用情報

リンク集

Facebook

メディア掲載

画像をクリックすると別ウィンドウでPDFファイルが開きます。

インタビュー

手技の達人