症例報告

女性疾患

32歳 女性 生理不順、生理痛、子宮頸がん

<来院動機>

生理不順、生理痛、子宮頸がん

<問診・検査>

子宮頸がんは経過観察中、治療は特になし
体温35度台、ぜんそく、生理痛はきつく常時薬を服用(生理痛は生理前)

<治療経過>

体を温める治療を行い、体を温める食べ物や生活のアドバイスを行う。
経過観察と病院より言われていた子宮頸がんについてはH23.3月より鍼灸治療を開始し、同年9月の定期検査にて、異形は認められなかった。生理痛もほぼなくなっており、薬を飲む機会も減った。

<担当者のコメント>

先にざっくりいうとがんは『冷え』が大好きです。冷え体質の方は注意しましょう。彼女の場合は体温も低く、暑がりで常に薄着、好きな食べ物のアイスやお菓子など、決して体を温める生活はしていませんでした。生理不順も生理期間中に一時休憩が入る、「経来しゅう止(けいらいしゅうし)」と呼ばれる症状です。原因はいろいろありますが、この方の場合は「冷え」が原因と考えられます。従って、体を温める治療を行うことで様々な症状が改善されてきました。体温も36度台で落ち着いており、子宮頸がんの定期検査も問題なく順調にきております。

ご予約・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ 0663821941

メールでのお問い合わせ

施術科目

  • 慢性疾患 肩こり・腰痛など
  • 女性疾患 生理痛・更年期障害など
  • 一般外傷(けが) 捻挫・打撲など
  • スポーツ外傷・障害 肉離れ・脱臼など
  • マタニティケア 産前産後の不調など
  • 交通事故 むち打ち・骨折など

症例報告

勉強会・セミナー

健康みらい教室

勉強会報告

Birth Keeper

院長の活動報告

一流からの学び 柳院長の交遊録やオフショットギャラリー

聖医への道 みらい鍼灸整骨院オフィシャルブログ

おすすめの本をご紹介 無料貸出を行っています。

その他

採用情報

リンク集

Facebook

メディア掲載

画像をクリックすると別ウィンドウでPDFファイルが開きます。

インタビュー

手技の達人