症例報告

女性疾患

61歳 女性 両膝が痛い

<症状>

両膝が痛い

<その他の症状>

・以前、顔面神経麻痺を発症し、現在も時々あごがピリピリしたり、右目から流涙したりする。
・便秘・残尿感

<問診・検査>

・以前から膝の痛みはあったが、良くなっていた。9月に入り、悪化。仕事で自転車に乗るため、その際に膝が痛い。上り坂や歩行時に痛みが出る。特に痛いのは仕事帰り。 ・午前二時からの仕事の為、常に睡眠不足。
・安静時痛はなし。熱感なし。腫脹なし。発赤なし。膝蓋骨の動きが悪い。
・増悪因子:しゃがんだ時や歩き出し
・軽快因子:何もしなければ特に気にならない
・舌:淡紅から淡白 白膩厚苔 歯痕(+)
・脈:滑 弱 左按じて無力
・腹診:両脾募、両天枢、左太巨、左肝相火

<治療経過>

◆週に1~2回治療
1~3回目:左膝の内側や歩行時に膝前面が痛かったりと痛みの場所がかわる。
4~6回目:しゃがむと膝の前面がつっぱる程度で日常生活ではあまり気にならなくなる。
7回目:しゃがんでもそれほど気にならなくなった。

<担当者のコメント>

この方は東洋医学的に「湿痰」が多い体質です。簡単に言うと、体の水はけが悪く、体が重い、膝などの関節が痛い、胃腸が弱いなどの症状が出ます。この方の場合、所見や症状にもきれいにその状態が現れています。
治療としては、カラダの余分な水分を取り除き、体の中の水分をうまくさばき、巡らせる働きをする臓器の機能を高めるような治療をしました。
養生は湿痰をつくりやすい食べ物や冷飲冷食を控え、はと麦茶等のカラダの水はけが良くなるような食べ物を心がけてもらうようにしました。お仕事柄、睡眠不足になりがちなため、食生活には十分注意していただきました。
しかし、どんな病気も「疲れ+α」ですので、良い睡眠が摂れるようになれば、もっともっと元気に健康になれることでしょう。

ご予約・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ 0663821941

メールでのお問い合わせ

施術科目

  • 慢性疾患 肩こり・腰痛など
  • 女性疾患 生理痛・更年期障害など
  • 一般外傷(けが) 捻挫・打撲など
  • スポーツ外傷・障害 肉離れ・脱臼など
  • マタニティケア 産前産後の不調など
  • 交通事故 むち打ち・骨折など

症例報告

勉強会・セミナー

健康みらい教室

勉強会報告

Birth Keeper

院長の活動報告

一流からの学び 柳院長の交遊録やオフショットギャラリー

聖医への道 みらい鍼灸整骨院オフィシャルブログ

おすすめの本をご紹介 無料貸出を行っています。

その他

採用情報

リンク集

Facebook

メディア掲載

画像をクリックすると別ウィンドウでPDFファイルが開きます。

インタビュー

手技の達人