症例報告

女性疾患

44歳 女性 目の疲れ、見えにくい

<症状>

目が疲れる・見えにくい・光がまぶしい・息が切れる・体が疲れている・足がしびれる

<問診・検査>

3年前に出産し、その後、視力が落ちた。仕事柄、目を使うことが多い。最近は、試験が近いため、さらに目を駆使しているため、目が疲れる。しょぼしょぼする。乾燥する。

<治療経過>

◆週に1回の治療
現在、4回の治療を行った。毎回の治療終了時には症状が改善。視界が開け、目が軽くなるとのこと。日常の生活で目を駆使すると、戻る。

<担当者のコメント>

東洋医学的所見から、この方の体質は「気血両虚証(きけつりょうきょしょう)」と見立てました。
これは簡単に言うと、カラダのエネルギー量が全体的に不足した状態です。
産後からというのが特徴から、特に「血」が不足した症状が多いことが分かります。
東洋医学では、子供は「血のかたまり」であると考えます。ですから、産後は血の状態が現れやすい髪や爪がボロボロになったり、顔色が悪い、目が見えにくくなる、肌がガサガサになるといった症状が現れるやすくなります。
よって、治療方針としては血を補うことが主な目的になります。この方の場合、もともとの体質も気血が少ないにもかかわらず、消耗が激しすぎるようです。お仕事柄、仕方がない部分もありますが、治療の積み重ねと養生が重要になってきます。

ご予約・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ 0663821941

メールでのお問い合わせ

施術科目

  • 慢性疾患 肩こり・腰痛など
  • 女性疾患 生理痛・更年期障害など
  • 一般外傷(けが) 捻挫・打撲など
  • スポーツ外傷・障害 肉離れ・脱臼など
  • マタニティケア 産前産後の不調など
  • 交通事故 むち打ち・骨折など

症例報告

勉強会・セミナー

健康みらい教室

勉強会報告

Birth Keeper

院長の活動報告

一流からの学び 柳院長の交遊録やオフショットギャラリー

聖医への道 みらい鍼灸整骨院オフィシャルブログ

おすすめの本をご紹介 無料貸出を行っています。

その他

採用情報

リンク集

Facebook

メディア掲載

画像をクリックすると別ウィンドウでPDFファイルが開きます。

インタビュー

手技の達人