症例報告

スポーツ外傷・障害

右アキレス腱の痛み

<初診>

平成26年8月2日

<来院動機>

7月30日にバレーをしていて、右アキレス腱に痛みがでた。

<症状>

アキレス腱内側に圧痛あり。
軽度の肥厚。熱感(+)、歩行時痛(+)
圧痛の部位、painful arc sign()、摩擦音()等からアキレス腱炎を疑う。
軽度回内足。

<検査>

回内足を調整するアプローチを行う。その後、パラテノンのモビリゼーション、アキレス腱を滑走させるアプローチを行い、歩行してもらう。
歩行における痛みは消失。
その後アキレス腱への負担軽減を目的にテーピングを行う。

<治療経過>

◆7月30・31日
整形外科に受診。
x-pに異常なし。痛みに変化なし。

◆8月2日
当院に来院。
痛みは受傷時と比べ2割ほど減少。

◆8月4日
歩行時の痛みはないが、階段を降りるときなどに少し痛むとのこと。
再度、パラテノンのモビリゼーション、アキレス腱の滑走を誘導をしてか、膝関節のローテンションを促しました。

◆8月5日
痛みは消失。階段を降りるときでも大丈夫ということだったので、膝と股関節の調整をして、治療終了です。

<担当者のコメント>

アキレス腱を痛めるケースはいろいろありますが、足関節・膝関節のアライメント。荷重脚・非荷重脚。heel offの遅延など 様々な要因があると考えています。
幅広く観ることが大切ですね。

ご予約・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ 0663821941

メールでのお問い合わせ

施術科目

  • 慢性疾患 肩こり・腰痛など
  • 女性疾患 生理痛・更年期障害など
  • 一般外傷(けが) 捻挫・打撲など
  • スポーツ外傷・障害 肉離れ・脱臼など
  • マタニティケア 産前産後の不調など
  • 交通事故 むち打ち・骨折など

症例報告

勉強会・セミナー

健康みらい教室

勉強会報告

Birth Keeper

院長の活動報告

一流からの学び 柳院長の交遊録やオフショットギャラリー

聖医への道 みらい鍼灸整骨院オフィシャルブログ

おすすめの本をご紹介 無料貸出を行っています。

その他

採用情報

リンク集

Facebook

メディア掲載

画像をクリックすると別ウィンドウでPDFファイルが開きます。

インタビュー

手技の達人