症例報告

スポーツ外傷・障害

38歳 男性 左背部痛

<主訴>

左背部痛

<受傷機転>

10月10日に野球のノックをしていて、次の日の朝に痛くなった。
受傷日PS10→来院時PS10
痛みに変化なし。

<所見>

局所炎症症状(-)
筋spasm(+)
右側屈時痛(++)左背部
右回旋時痛(+)左背部
屈曲時痛(+)左背部

<問診>

腹部緊張、脈、舌の状態から軟便気味かを問う。

腰を痛める前にお腹を下していたとのこと
(軟便や便秘の方は胸郭の動きが悪いことが多い)

痛みの原因は胸郭の可動性の低下と局所筋spasmと考える。

胸郭の可動性をつける手技を行い
PS10→4

局所筋spasmの緩和と筋滑走を促す
PS4→0

痛みがなくなったところで、生活習慣の指導をして終了です。

<担当者のコメント>

筋肉は急に大きな負荷を与えると痛めることがあります。
しかし、その多くの場合は筋肉の状態が悪かったり、関節の動きが悪かったりと痛める背景があります。
その背景にも様々な原因がありますので、その見直しが大切です。

ご予約・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ 0663821941

メールでのお問い合わせ

施術科目

  • 慢性疾患 肩こり・腰痛など
  • 女性疾患 生理痛・更年期障害など
  • 一般外傷(けが) 捻挫・打撲など
  • スポーツ外傷・障害 肉離れ・脱臼など
  • マタニティケア 産前産後の不調など
  • 交通事故 むち打ち・骨折など

症例報告

勉強会・セミナー

健康みらい教室

勉強会報告

Birth Keeper

院長の活動報告

一流からの学び 柳院長の交遊録やオフショットギャラリー

聖医への道 みらい鍼灸整骨院オフィシャルブログ

おすすめの本をご紹介 無料貸出を行っています。

その他

採用情報

リンク集

Facebook

メディア掲載

画像をクリックすると別ウィンドウでPDFファイルが開きます。

インタビュー

手技の達人