症例報告

一般外傷(けが)

64歳 男性 頸部伸展時痛・痺れ

<初診>

平成26年5月20日

<来院動機>

たまたま通りかかった

<症状>

整形外科にてヘルニアと診断される(20年前)
右肩の痛み・右上腕の痺れ(指先)

<問診・検査・治療>

頸部伸展時、右前腕から指先にかけて痺れあり

<治療>

◆1回目
頸部の伸展制限を認めたため、腰部・背部の筋膜治療を行った。

◆2回目
腰部・背部の筋膜治療と肘関節へのアプローチを行った。

◆3回目
棘筋へのアプローチを行い椎間関節の可動性をUPした

◆4回目
腰部から背部の可動性が出現し頸部の伸展制限の改善を認め、前腕の痺れも改善した。

<担当者のコメント>

ヘルニアが原因で痛み痺れが出現したと患者さんは思っておられました。頸部の問題はどこがメジャーか見極める必要がある。頸部より下方にある組織の機能が低下し問題を出す場合がある。今回のケースはまさにそうである。局所と全体ともによく観察し症状の原因を追究する必要がある。

ご予約・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ 0663821941

メールでのお問い合わせ

施術科目

  • 慢性疾患 肩こり・腰痛など
  • 女性疾患 生理痛・更年期障害など
  • 一般外傷(けが) 捻挫・打撲など
  • スポーツ外傷・障害 肉離れ・脱臼など
  • マタニティケア 産前産後の不調など
  • 交通事故 むち打ち・骨折など

症例報告

勉強会・セミナー

健康みらい教室

勉強会報告

Birth Keeper

院長の活動報告

一流からの学び 柳院長の交遊録やオフショットギャラリー

聖医への道 みらい鍼灸整骨院オフィシャルブログ

おすすめの本をご紹介 無料貸出を行っています。

その他

採用情報

リンク集

Facebook

メディア掲載

画像をクリックすると別ウィンドウでPDFファイルが開きます。

インタビュー

手技の達人