症例報告

慢性疾患

65歳 男性 腰臀部の痛みと下肢しびれ

<患者>

65歳 男性

<主訴>

腰臀部の痛みと下肢しびれ

<現症>

  • H30.11月、症状が現れ整形外科に受診し腰椎の歪みがあり、それが原因で症状が現れているとのこと。ビタミン剤と痛み止めを処方され経過観察。
  • 2日後、痛みが増強し夜は眠りが浅かった様子。
  • 歩行時や安静時に痛みが出る

<検査>

  • 下肢:左大腿部にやや筋力低下あり。下腿筋力は左右差に大きな変化なし。
  • 左右大腿部前面から下腿前面にしびれ感があり、触圧覚は下腿前面やや鈍磨。左下肢冷感あり。
  • 膝蓋腱反射  :L(-) R(±)
  • アキレス腱反射:L(+) R(+)
  • 下肢伸展挙上、大腿伸展、ラセーグテスト(-)
  • 膀胱直腸障害なし。
  • 肩背部の筋緊張強い。肩内巻き。
  • 腰部後屈時に誘発痛はないが体が硬い。

<評価>

  • 腰椎の歪みがあり、上記の症状と検査から軽度の腰椎脊柱管狭窄症を疑う。

<施術>

  • 腰臀部、大腿・下腿部に置鍼+パルスを行う。
    腰部:夾脊穴 臀部:秩辺
    下肢:梁丘・足三里
    週2回の施術を継続して行う。

<経過>

約2か月後あたりから、痛みが落ち着いてきた様子。それまでは施術後は楽になるが、しばらくすると痛みが戻るといった状態を繰り返していた。
現在も施術を継続(約5年)しているが、症状は比較的安定している状態を維持している。

<考察>

腰椎の歪みと現れている症状や検査から、軽度ではあるが神経根症状が生じており、年齢的に見ても軽度の脊柱管狭窄症と考えられる。約5年継続して施術を行っているが、しびれ感は完全には取り切れてないが、痛みの症状は当初のレベルよりは抑えられており、日常生活も不自由なく送れている。今後も定期的に施術を行い状態維持・軽減を目指す。

ご予約・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ 0663821941

メールでのお問い合わせ

営業日カレンダー

【夏季休業のお知らせ】

8月14日(水)~8月16日(木)は夏季休診といたします。
※8月13日(火)は19時最終受付とします。

…毎週日曜は定休日

…午前は休診

…午後は休診(毎週水曜、土曜と祝日の午後は休診)

施術科目

  • 女性疾患・不妊治療・マタニティーケア 生理痛・産前産後の不調など
  • スポーツ外傷・障害 肉離れ・脱臼など
  • 野球のけが 野球肘・野球肩など
  • 慢性疾患 肩こり・腰痛など
  • 一般外傷(けが) 捻挫・打撲など
  • 交通事故 むち打ち・骨折など

症例報告

院長の活動報告

聖医への道 みらい鍼灸整骨院オフィシャルブログ

その他

リンク集

Facebook

メディア掲載

画像をクリックすると別ウィンドウでPDFファイルが開きます。

インタビュー

手技の達人