歩いていると腰から足にかけて痛みが出て、少し休むと痛みがおさまる…それは「脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)」かも

脊柱管狭窄症は高齢者に多く、推定人数は300~500万人と言われています。症状が辛くて悩んでいる方も多くいらっしゃいます。どのようにして脊柱管狭窄症が起こるのか。この記事では、原因や症状を簡潔にまとめ、当院の治療方法も解説します。

まず脊柱の構造をみていきましょう

脊柱とは背骨のことをいい、人間の身体を支えています。その脊柱を構成する一つ一つの骨を椎骨といいます。人間の脊柱は、首の骨(頸椎)7個、背中の骨(胸椎)12個、腰の骨(腰椎)5個、仙骨、尾骨で構成され、緩やかに湾曲しており外部からの負荷や体重による負担を和らげています。

椎骨と椎骨の間には、弾力性のあるゲル状の椎間板があります。椎間板は衝撃を和らげるクッションの役割を果たします。

頸椎、胸椎、腰椎はそれぞれ形が異なり、腰椎はかかる負担が大きいため、脊柱の中で最も大きく幅広い形状になっています。椎骨にはそれぞれ椎孔があり、そこを脊髄神経が通ります。それを脊柱管と言います。

脊柱管狭窄症は脊椎の変形からおこる

脊柱管狭窄症は神経が通る脊柱管が狭くなり神経や血管が圧迫されることで痛みやしびれの症状が現れる病気で、多くの人は加齢による脊椎の変性で脊柱管が狭くなり症状がでます。

その他、椎間板の劣化や黄色靭帯の肥厚、すべり症が原因で起こる人もいます。

好発年齢は50代~80代に多く、女性より男性に多い傾向です。

脊柱管狭窄症の特徴

  • 立った状態で歩いていると脊柱管が狭くなる
  • 神経がより圧迫されるため下肢のしびれひどくなる
  • 足のもつれが生じる
  • 50mも歩くことが困難
  • 数分休めば症状は消え、再び歩けるようになる
  • 腰痛より足に痛みや痺れが出るのが特徴

特徴的な症状として、立った状態で歩いていると脊柱管が狭くなり、神経がより圧迫されるため下肢のしびれひどくなったり、足のもつれが生じたりします。これを間欠性跛行といい、100~200m歩くだけでもこの症状が現れ、きつい症状だと50mも歩くことが困難になる人もいます。

しかし、座って腰を屈めた姿勢で数分休めば症状は消え、再び歩けるようになるのが特徴です。

また、腰痛より足に痛みや痺れが出るのが特徴です。

脊柱管狭窄症が進行すると、しびれがひどくなり麻痺が生じるようになったり、足の感覚異常(熱い・冷たいなど)や、排尿障害などの症状が現れてきます。

当院での脊柱管狭窄症の施術は鍼灸を用います

脊柱管狭窄症に対する治療に関する論文を参考にし、鍼灸を用いて施術を行います。
置鍼した鍼に通電を行い、患部の神経血流の促進、周囲筋の緊張緩和を狙い、痛みの軽減を目指します。

施術は、基本週一回(合計7回)を1クールとしています。施術ごとに状態の変化を確認しながらその後の計画を行っていきます。

脊柱管狭窄症の症例

77歳 男性 脊柱管狭窄症
趣味はゴルフ、月末にはゴルフに行きたい目標がある。

現症

  • 30分程度歩行しているとじわじわ痛みが左腰部から左大腿部前面に広がるが休憩すると消失する
  • 痛みが出るだけでしびれはない。
  • 1日2回痛み止めを服用している。

検査

  • 腰部前後屈時痛(-)
  • ケンプテスト(+)
  • 下肢触圧覚左右差なし。しびれなし。

施術

  • 腰部脊柱管狭窄部位L3/4周辺の神経血流改善および、痛みの軽減を目的に施術を行う。
  • 腰部夾脊穴、左腎兪、左気海兪、左大腸兪から夾脊穴 に置鍼し併せて通電を行う。
  • 2Hz×15分 ※①②夾脊穴それぞれに通電
  • 施術は週2日計7回行い症状緩和、改善を評価する。

経過

  • ◆初回施術後
    前後屈・回旋動作の可動域向上が見られた。
  • ◆2回目
    前回の施術後翌日に30分程度ウォーキングをしたが、痛みが全くなく驚いたとのこと。
    前後屈・回旋動作は前回より柔軟性が出ていた。
    左回旋時に左大腿前面に張り感は残っている。
  • ◆3回目
    すこぶる調子がいい様子で、30分以上歩いても痛みは全くない。
    前後屈・回旋動作に大きな変化はない。
  • ◆4回目
    経過はいい。日常生活に支障はほぼなし。
  • ◆5回目~7回目
    経過良好。痛みはない。
    痛みは全くないとのことで、施術は7回で終了し、いったん経過をみるこ
    ととした。月初めから週2回、その後もゴルフも痛みなくプレーが出来て
    いると喜ばれていた。
    その後は月一回のメンテナンスを行っていく予定

患者さんからいただいたコメント

77歳 男性

どのような症状でお悩みでしたか

左足の膝と腰が痛い。股関節にも痛み、歩くと痛みが出ていた。

施術を受けて変化や感想をお聞かせください

針治療を受けてすぐに良くなり、痛みが無くなった。病院で鎮痛剤を処方してもらった。針治療が効いたと思う。

脊柱管狭窄症でお悩みの方へ

脊柱管狭窄症は国内で300~500万人と推定されています。
好発年齢は高齢者ということもあり、今後さらに増える見込みとされています。

鍼灸施術では、腰椎の変形そのものは改善できませんが、痛みの軽減や症状改善に効果期待できます。

脊柱管狭窄症に対する鍼灸施術の研究や論文も増えてきており、効果が得られている方も増えておりますので、お悩みの方は一度ご相談ください。

’肩こり改善’’誰でもできる’’2つの方法’

肩こりで悩んでいる人多いですよね。

肩こりの原因は下記のようなものがあるようです。

 

 『別冊NHKきょうの健康 腰痛、肩こり、手足のしびれ』から抜粋(☝️) 

色々ありますね。

 

当院は肩こりを訴える患者さんに

マッサージはしません。

辞めました。

10年前は揉んでいましたけど…

 

マッサージをしなくても 

肩こりを数分で改善できる

方法があるからです。 

 

肩こりのメインは

僧帽筋という筋肉の緊張です。

 

 

この僧帽筋が捻れて筋肉の緊張を作り

「肩こり」といった症状を出します。

 

イメージは雑巾を絞った状態です。

 

 

雑巾を絞ったような状態は

筋肉が捻れて、血行が悪くなっている感じです。

顕微鏡で見ていないので断言はできませんが…

あくまでもイメージです。

 

この状態を解決すれば

肩のコリは取れますよね。

 

絞っている状態と

逆のことをすれば良いのですよ!

 

方法は2つ

まず、腹式呼吸です。

腹式呼吸を行うことで横隔膜が動き

肩の筋肉の緊張を和らげます。

 

その次に

腕を外に捻ります。

ラジオ体操の深呼吸のポーズです。

このポーズをまず重力がない状態

すなわち上向きに寝た状態で行なってください。

 

肩こりを感じている筋肉をまずチェックし

硬さを確認してください。

腹式呼吸だけでも表面が柔らかくなるのが確認できるはずです。

その次に腕を外に捻ってください。

そうしたらもっと

柔らかくなっているのを確認できるはずです。

 

誰でも簡単に出来ますから

一度試してくださいね。

分からなかったら指導致します!!  

 

*************************************************
大阪府吹田市にある総合治療院 みらい鍼灸整骨院
阪急北千里線吹田駅から徒歩5分。
JR東海道線吹田駅より徒歩15分。
痛みの原因を根本から治療し、病気、怪我をしにくい
 
体作り(予防)を提案します。
 
◆Webサイト:http://ryu-medical.jp/
◆電話でのお問い合わせ:06-6382-1941
◆メールでのお問い合わせ:info@ryu-medical.jp
◆営業時間:平日8:30~12:00・16:00~20:00
 ※水曜・土曜・祝日は8:30~13:00
◆定休日:日曜
◆住所:〒564-0036 大阪府吹田市寿町1-3-16ヤングバリー1F
◆駐車場:無料駐車場が2台完備
 
****************************************************

コロナに負けず身体を動かそう!

【コロナに負けず身体を動かそう!】
 
オミンクロン株の感染拡大により
休校や休園が多くなって来ました。
 
 
 
在宅ワークや自粛で、自宅から一歩も出ない日が出て来ます。
 
久しぶりに来院された患者さんに
自宅で過ごしていた期間の歩数を見せてもらいました。
 
測定している携帯を見ると
 
「50歩!」
 
ビックリしました。
 
一歩が50Cmだとすると
移動距離は25mになります。
 
携帯で測定しているので、常に持ち歩いていないでしょうが、
それでも少なすぎますよね。
 
アフリカの人は
1日10kmは歩くと聞いていますので
この差は大違いですね。
 
足腰は弱てきます。
 
我々の身体は関節・筋肉・神経が繋がり動かすために設計されています。
このまま身体を動かさない日々が続くと、筋力低下だけでなく神経の働きも悪くなります。 
 
立ち上がったと時に膝の痛み、少し動いただけで腰が痛くなったりと筋肉・関節のトラブルが出て来ます。
 
また、長時間座位姿勢を保つことにより、平衡感覚をキャッチする前庭神経の機能が低下し目眩やふらつきといった症状も出る可能性があります。
 
この症状を予防するには
 
自宅で身体を動かす体操(ラジオ体操やヨガ)をしたり、早朝に散歩するのが効果的です。
 
 
関節、筋肉からの刺激がなくなると
情報を受け取る神経、脳の機能が低下して行きます。
 
数日間ならまだしも
数週間自宅から出ていない方は要注意です。
 
コロナに負けず身体を動かしていきましょう!
 
*************************************************
大阪府吹田市にある総合治療院 みらい鍼灸整骨院
阪急北千里線吹田駅から徒歩5分。
JR東海道線吹田駅より徒歩15分。
痛みの原因を根本から治療し、病気、怪我をしにくい
体作り(予防)を提案します。
 
◆Webサイト:http://ryu-medical.jp/
◆電話でのお問い合わせ:06-6382-1941
◆メールでのお問い合わせ:info@ryu-medical.jp
◆LINEからでも予約可能です
◆営業時間:平日8:30~12:00・16:00~20:00
 ※水曜・土曜・祝日は8:30~13:00
◆定休日:日曜
◆住所:〒564-0036 大阪府吹田市寿町1-3-16ヤングバリー1F
◆駐車場:無料駐車場が2台完備
 
****************************************************

【首の痛みと痺れ→椎間孔テクニック→握力戻った!】

【今日の症例です】
 
首の痛みと痺れを訴え 
患者さんの紹介で初診さんが来院されました。
 
 
病院で検査を受け痛み止めを処方してもらうが、
痛みが強く眠れない様子でした。
 
検査をしてみると
 
・感覚異常
・反射の低下 
・握力 右6 左11
 
明らかに神経根障害が出ていました。
 
椎間孔テクニック(伊藤DCのテクニック)を行い
 
再度握力を測定
 
握力が右12 左12
に改善。
 
ご本人はビックリされていました。
 
次回予約を取り帰られました。
 
今後の治療改善が楽しみです。
 
*************************************************
大阪府吹田市にある総合治療院 みらい鍼灸整骨院
阪急北千里線吹田駅から徒歩5分。
JR東海道線吹田駅より徒歩15分。
痛みの原因を根本から治療し、病気、怪我をしにくい
体作り(予防)を提案します。
 
◆Webサイト:http://ryu-medical.jp/
◆電話でのお問い合わせ:06-6382-1941
◆メールでのお問い合わせ:info@ryu-medical.jp
◆営業時間:平日8:30~12:00・16:00~20:00
 ※水曜・土曜・祝日は8:30~13:00
◆定休日:日曜
◆住所:〒564-0036 大阪府吹田市寿町1-3-16ヤングバリー1F
◆駐車場:無料駐車場が2台完備
 
****************************************************

みらい便り 第45号 

みらい鍼灸整骨院のリュウです。

石橋先生が

今月の「みらい便り 第45号」を作成してくれました!!

 

今回の特集は

 寒さ対策 です。

是非お読みください。

*************************************************
大阪府吹田市にある総合治療院 みらい鍼灸整骨院
阪急北千里線吹田駅から徒歩5分。
JR東海道線吹田駅より徒歩15分。
痛みの原因を根本から治療し、病気、怪我をしにくい
 
体作り(予防)を提案します。
 
◆Webサイト:http://ryu-medical.jp/
◆電話でのお問い合わせ:06-6382-1941
◆メールでのお問い合わせ:info@ryu-medical.jp
◆営業時間:平日8:30~12:00・16:00~20:00
 ※水曜・土曜・祝日は8:30~13:00
◆定休日:日曜
◆住所:〒564-0036 大阪府吹田市寿町1-3-16ヤングバリー1F
◆駐車場:無料駐車場が2台完備
 
****************************************************